早起きは三文のトク

睡眠をこよなく愛する私が早起きに挑戦し、早起きを通しての気づきや仕事で得たことや感じたことを思うままをずらずらと書くブログです。

憧れのサササーッ:早起き161日目

f:id:nao_333:20180620234240j:image

こんにちは。

早起きチャレンジ中のなおです。

 

今日も帰りが遅かったので手短に。

 

最近すっかり手書きで字を書くことが減ったのですが

手書きで書かないといけない時は

①紙媒体の申込書

②手帳へのスケジュール(手帳はアナログを使用)、メモ、伝言メモ

③打ち合わせのメモや聞いたことのメモ

 

多くはこの3パターンです。

私は筆圧が強く、速記がとても苦手。

なので③のパターンの時に、まともにメモが取れません。

沢山の文字を短時間でサササーっと書けないため

単語の頭文字、略語、略字で書きます。

なので、他人が見たらさっぱり読めないメモになっているんです。

人に渡す場合は清書しますけど

自分用ならそのまま。

たまに、読めなくなってなんの予定か分からなくなることも…

 

ま、それも筆圧強いから

仕方ないかなと思っていたんですが

先日、ある方が私の目の前で

憧れのスピードでサササーと書かれたんです。

 

おお!と思って

結構長文書かれていたので

どうしたらそんな風に書けるのか

私との違いを探したんです。

 

そしたら「持ち方が違う」

ま、当然と言えばそうなんですが

 

極端に違う部分は、人差し指の反り具合でした。

私は、筆圧が強いので人差し指が反り返っています。

その方は、少し丸まって見えました。

 

なんとなくヒントを得た私は早速実践。

慣れない持ち方なので、ぎこちないですが

普段より力が入りすぎず

いつもの私よりサササーと書ける!

 

それを発見してから

この持ち方に慣れるために

必要以上に手書きの機会を増やしています。

今更アナログ?!なんですけど…

 

まだまだ、憧れのサササーには遠いですが

少しは以前より早く書けるようになっている気がします。

40歳前に

こんな今更ながらの気づきが得られるとは

思いませんでした。

しかし何ごとも

今更仕方ないと諦めるのは

損だなと思いました。

気づいたらいくつになってからでも

やってみたらいいのだと思います。