早起きは三文のトク

睡眠をこよなく愛する私が早起きに挑戦し、早起きを通しての気づきや仕事で得たことや感じたことを思うままをずらずらと書くブログです。

夏休みの宿題:早起き215日目

f:id:nao_333:20180816220941j:image

こんにちは。

早起きチャレンジ中のなおです。

 

長いお盆休みも終わり、今日から仕事が始まりましたが

休み明けの今日はなんと、社内遠足へ。

旅行と言うほど遠くないところへ行ってきました。

 

こんなことをしたのは何年振り。

ほんと、気分転換になって楽しかったです。

 

さて、今日は読書解説はまたにさせてもらって、ふと思ったことを。

 

現在息子は中1で野球部に所属しています。

夏休みに入る前に、顧問の先生から課題を出されていました。

それは、お盆休み明けまでに学校から渡された問題集1冊を終えること。

 

夏休みに入った最初は張り切っていたものの

途中からすっかり放置して

結局1冊終えぬままお盆明けの練習日に突入。

 

課題が終わっていないことがバレて

練習に参加させてもらえず、練習の代わりに課題をするはめに…

それでも終わらず

帰宅して缶詰状態でなんとか終了。

まとめてやったページ数は40ページ…

まぁ真面目にちゃんと頑張ったんですけどね。

 

でも、顧問の先生とかからしてみたら

答え見たな…と思われるだろうなと思うんですよね。

だって、私がそう思うから(^^;

親なんだから、子どもを信じろと思われるかもしれませんよね。

いや、信じてます。

 

そうではなくて、客観的に考えたら誰もそう思っちゃうだろうなと。

 

そこで、例えば。例えばの話ですよ。

 

「終わりました!」って息子が先生に提出したとして

仮に先生が

「答え見たりしてないだろうな」とか、そんな発言をしたとしましょう。

 

そこで、どう捉えます?

 

もしかしたら

「先生ひどい!生徒を疑うなんて!」

と思うかもしれません。

我が子が、「先生に答え見ただろうって言われたー」って言ったら

「なんて先生だ!」

って思うかもしれません。

 

でも、本当にそうかなと思うんです。

確かに、本当に答えを見ずに頑張ったことが事実だとしても

それは、本人にしか分かりません。

 

疑う理由は、ちゃんと期限があったのにそれを守らなかったから。

さらに、少し残ってるならまだしも40ページも残しているから。

 

疑われても仕方のないことを自らしているんです。

 

疑われて、そんな言い方されたくないのなら

最初から期限を守ることをすればいいんです。

 

だから、もし仮に先生にそんな疑いをかけられたとしても

私はきっと息子に、あなたが決まりを守らないから疑われても仕方ないと思う。と言うと思います。

40ページもの量を1日で努力して完成させてたとしても

残念だけど、それは他者からは努力とは認められないんです。

 

そんなことを、課題を期限内に提出しなかった息子に学んで欲しいなと思いながら

先生からそんな疑いをかけられたわけでもなく

単なる私の想像でしかないんですけど…

 

そもそも、期限内に提出するように親がサポートしてやれば良かったかもしれませんが…何事も手を貸すことが親の役割でもないかなーと私は思っています。